トップページ >01blog> 職場でのケンカ

職場でのケンカ

隣の部署で喧嘩があった。一人は血の気の多いジャイアンのような男である。この男は上司であろうが、誰であろうが、お構い無しに手をあげる。なぜ、今まで解雇処分になっていないのか非常に不思議である。やられたほうは気の弱そうな派遣社員の男である。ちなみに何故発生したかは不明である。ジャイアンは仕事を放り出して帰った。

これから彼は、どうするのであろうか。履歴書不要のアルバイトでもするのであろうか。
ハローワークでは空求人に気をつけろよ。


仕事辞めたい 転職

ところで、 私に人を紹介してくれた人物でH氏という方がいる。まだ一度しかお会いしたことしかない。珈琲を飲んで少し話しただけである。しかしながら、短い時間であったが、私に好感を持って貰えたようである。私もまた然りである。再度お会いして今度は自分の仕事のことも相談してみてみたいものである。この方は、かつて某有名企業の重役までされた人物であるという。道理で威厳があるはずである。

現在は引退されて悠々自適の生活をされているらしいが、やはり腐っても鯛である。

いつ、一線に出ても対応可能な感じがした。こうした人物には、何かとお話を伺いたいものである。

そういえば、会社では私の隣に座っている男が、宝くじを買うのだという。とても頭が良いと言わざるを得ない。当たるはずもないことを本気で考えている。冷蔵庫を買うとか何とか言っている。馬鹿だが悪いやつではない。

彼の表情は当たった時のことを考えているのか、とても嬉しそうである。

束の間の喜びということであろうか。夢を買うとはよく言ったものだ。しかし、多くは悪夢なのであるが。当たっても外れたとしても。

儲かるのは常に胴元のみである。カモはいつの時代、どこにでもいるものである。


結局、あの人には会えなかった。(2013-07-28の記録より)
 
どうやら休みだったらしい。スタッフの人数は、いつもより少なかったようだ。一週間、もしくはそれ以上を空振りしたことになるのか。

これだけの時間、顔を見ないということは、あの店を去った可能性が高い。あの仕事は辞めてしまったのであろうか。


それにしても、この違和感は何だろう。何が違うか言えないまま何かが違う。それにしても、考えれば考えるほど私は終わっているのではないか。仮にこれから上手くいったとしても、既にこの年齢である。世間一般の常識から言えば、これ以上の上がり目はないはずである。絶望。今度は何を捨てようか。

Page Top ▲